ホーム > 噛み合わせ治療

噛み合わせって?

かみ合わせは、上下の歯が接触して成り立っています。言いかえれば、位置が固定されている上あごの歯に対して下あごの歯がかみ合わさる位置が、かみ合わせの位置となります。また、このかみ合わせの位置は、下あごの周りについている筋肉(そしゃく筋)が、一番リラックスした、自然な位置と、一致していることが望ましいとされています。

噛み合わせのチェックの仕方

photo

STEP1
いすに姿勢を正して座って下さい。

STEP2
まっすぐの方を見て、口をつむったまま、奥歯でそっと小刻みにかんでください。

STEP3
左右均等に奥歯までかんでいたらOKです。

左右差がある/奥歯がすいているようでしたら、かみ合わせがずれている可能性があります!!

以下の項目に当てはまる方は、かみ合わせのずれがある可能性があります。

  • むし歯がないのに歯がしみる(知覚過敏)のがなかなかなおらない。
  • 歯と歯の間がそれほどゆるくないのに、繊維質のものがよくはさまる。
  • 前歯にかぶせたものや、つめたものがとれたり壊れたりしやすい。
  • なんとなく歯ぐきが重い感じがする。
  • かみにくい側、かみやすい側があり、片方ばかりでかんでしまう。
  • 歯ぐきがどんどん後退していっている。
  • 頬の内側、舌、口唇を頻繁にかんでしまう。
  • 走ったり・階段をおりたりするときに歯がひびく感じがする。
  • ブラッシングにはかなり自信があるのに、歯周病と言われる。
  • 歯周病でもないのに、部分的に動く歯がある。

噛み合わせ治療

photo

歯列不正の症状をお持ちの方によく見られるのが、口腔内の疾患(虫歯や歯周病)の他に、偏頭痛・肩こり・腰痛・脊柱側湾症などの不定愁訴です。

噛み合わせが悪いと、歯磨きの際の磨き残しによって虫歯や歯周病が発生するのは当然のことながら、筋肉のバランスが崩れ体が歪んでしまいます。

こうした症状を改善するため、当院ではマウスピースの使用、そして、歯の噛み合わせの微調整、補綴物(かぶせもの・つめもの)などによる咬合再構成、矯正治療(当院では専門の矯正医を紹介しています)などの治療を行っております。

噛み合せの微調整については、保険が適用になる場合が多いですが、マウスピース・咬合再構成については、保険外治療になることが多いです。

顎関節症の治療

photo

・口が開けにくい
・口を開けると顎に痛みがある
・関節のずれる音がしたりする
などの症状がある場合、「顎関節症」の可能性が考えられます。

顎関節症を放置すると、肩こり・頭痛・不眠などを引き起こす場合もあります。
こうした症状を持っている方は当歯科医院で治療・対応ができますので、一度ご相談ください。

キャンペーン
初めてご来院の方へ
最新設備のご案内
お子様連れのお母様へ
ブログ
訪問歯科
ドッグベストセメント
デンタルエステ
スマイルキッズクラブ
スマイルキッズクラブ

料金について

歯科関連リンク集

【兵庫県尼崎市塚口の田中歯科】

田中歯科医院携帯サイト

こちらのQRコードから田中歯科の携帯サイトへアクセスいただけます。