小児歯科

小児歯科とは

子供の歯“どうせ永久歯にかわるのでむし歯になってもかまわない“と思われてませんか?
実は子供の歯は、大人になってからの、噛み合わせ・歯並び・顎の発育に大きく影響します。
例えば、子供の歯がむし歯になっていると、大人の歯が本来と違う位置にはえてきたり、はえてきても前に移動したり、また子供の歯が痛くて噛めなければ顎が大きくなりません。
その他、指しゃぶりなどの癖も大きく歯ならびに影響します。

歯並びや噛み合わせが悪いとコンプレックスになったり、むし歯になりやすかったりしますので、子供の歯はお子様の将来に大きな影響を及ぼしています。
お子様の歯に適切な治療を施し、正しい成長を促すのが小児歯科です。

正しい歯ブラシの仕方・習慣の指導とフッ素塗布でむし歯予防

実は、生まれたばかりの赤ちゃんのお口にはむし歯菌(ミュータンス菌)はいません。
でも、ひとたび入り込むとむし歯菌は増え、むし歯の原因になります。
ですから、幼いうちに菌の侵入を防ぐことや菌の数を増やさないようにすることはとても重要です。
むし歯菌の繁殖を抑えるのに有効な手段は歯みがき、そしてむし歯になりにくい歯を作るフッ素塗布があります。

フッ素塗布のメリット

フッ素を歯の表面に塗ることで、歯の表面のエナメル質を守り、むし歯菌(ミュータンス菌)の酸を作る働きを抑え、初期むし歯を修復し、むし歯になりにくい強い歯を作ります。
むし歯予防や、小さなお子様の初期むし歯におすすめの処置方法です。フッ素の効果を持続させるためには3~6か月に一度受けることをおすすめします。

シーラントでむし歯予防

むし歯になりやすい奥歯の溝に、あらかじめ詰め物(フッ素入りのプラスチック系のレジン)を施してむし歯を防ぐ方法です。
6歳前後に生えてくる永久歯(六歳臼歯)はむし歯になりやすいため、特にこの方法が有効です。
生えたての未熟な歯がむし歯になるのを防ぎます。

フッ素洗口でむし歯予防

フッ化物水溶液を用いてブクブクうがいを行い、歯のエナメル質表面にフッ化物を作用させて、むし歯を予防する方法です。当院ではミラノールを使用しています。

PMTCでむし歯予防

毎日、隅々まで磨いているつもりでも、どうしても歯ブラシの届きにくい所 汚れがたまりやすい所が出来てしまいます。
この部分のクリーニングを歯科医師、歯科衛生士によって専門的な器械を使って、歯垢、歯石を除去してもらうことをPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)といいます。
PMTCには、むし歯や歯周病を防ぐはたらきや改善、歯質の強化とともに、歯の着色を除去し、光沢のあるきれいな歯を保つ、などの効果があります。痛みもなく早く終わります。

歯科医院嫌いのお子さまの保護者の方へ

泣いてなかなか歯科医院に通えていないお子さまでも治療が受けれるように当医院ではTSD法を導入しています。
他医院でできなかったお子さま、一度当医院に是非足を運んでみてください。

TSD法(Tell Show Do法)とは

Tell はなす
どのように治療していくのか、お子さまがわかりやすいようにお話ししていきます。

Show みせる
実際に使用する器具を、見て、触って感じてもらいます。

Do おこなう
お口の中で治療の練習をして慣れてもらい、その後治療を始めていきます。

  • 歯科医院に慣れてから治療を行う
  • できるだけ痛くないように治療を行う
  • 無理に押さえつけて治療をしない

当医院ではキッズクラブもあり、楽しく歯科に通っていただくために色々な取り組みをしています。

スマイルキッズクラブ

田中歯科では、子供の健康な歯を健康なまま守るために「スマイルキッズクラブ」プログラムを行っております。詳細は下記をご覧ください。